バンクシー(Banksy)の顔出しインタビュー映像を英ITVが動画で公開!【バンクシーってこんな顔?】

動画あり】匿名で正体不明のイギリスを拠点とするストリートアーティスト、バンクシー(Banksy)。なんと「本物のバンクシーではないか?」と思われる映像がイギリスのテレビ局ITVのアーカイブから見つかりました。その公開された動画を紹介します。

スポンサードリンク

■バンクシーってこんな顔?覆面して目元だけでインタビューを受ける映像を公開

出典: https://www.itv.com

こちらが英ITVの公式Twitterで紹介しているバンクシーと思われる男性のインタビュー映像です。

https://twitter.com/itvwestcountry/status/1146829776386252801

16年前に撮影された映像で、もし本物だとしたら極めて希少な映像といえます。

スポンサードリンク

○そもそもバンクシーって誰?

出典:https://matome.naver.jp

バンクシー(Banksy)とは、顔や名前を一切明かさずに、各地の壁面にスプレーでアートを描き続けている現代のアーティストです。

彼の作品は、一般の公共物や私物の壁に無許可で描くいわゆる「落書き」で、厳密には犯罪に相当する行為です。

顔や素性を明かさないのはそのためといわれています。

バンクシーが描く作品は政治色が強く、反戦反核、反権力を感じさせる作品が多いのが特徴です。

作品が描かれた壁をカットし、オークションでかなり高額に取引されることも珍しくありません。

スポンサードリンク

○バンクシーを知りたければ映画「バンクシーを盗んだ男」を観よ!

出典:https://matome.naver.jp

2018年8月4日に公開された映画『バンクシーを盗んだ男』を観れば、バンクシーがどのような存在なのかをよく理解できます。

バンクシーを盗んだ男 [ マルコ・プロゼルピオ ]

価格:3,078円
(2019/7/9 08:34時点)
感想(0件)

今すぐ観たい!という人は、こちらの予告編だけでも十分!

映画『バンクシーを盗んだ男』予告編

スポンサードリンク

■公開されたインタビュー映像はエキシビション『Turf War』の直前に撮影

出典:https://theartofbanksy.jp

今回公開された映像は、2003年7月18日から開催された、バンクシー伝説のエキシビション(展覧会)『Turf War』(ターフ・ウォー)のセッティング時の映像と思われます。

映像に写り込んでいる作品として、ペイントされた牛たちを見る限り、間違いないでしょう。

このエキシビション、実は1週間の開催予定でしたが、バンクシーに逮捕状が出たことにより、3日のみで中止となりました。

さらに、バンクシーに会いたいという人がかなりこのエキシビションに訪れましたが、誰1人会えずに終わったそうです。

スポンサードリンク

■今回の映像の男性は本当にバンクシーなのか?

出典:https://wallpapercave.com

バンクシー本人とされる写真が公開されたことは今までにも何度があります。

ただ、そこに写っている人物が、本当にバンクシー本人なのか?となると決定的な確証はありません。

はたして、今回公開された映像は本物のバンクシーなのでしょうか?

今回の映像が本物か偽物かは別として、1つだけいえることは、バンクシーの「インタビュー映像」は今までに一度も存在していなかったというところです。

○日本人ライター鈴木沓子が2003年にバンクシーに直接インタビュー

上記は日本人ライターの鈴木塔子さんのTwitterです。

以前、バンクシー本人に直接会って雑誌のインタビューをされています。

断られること何回かのアタックにより、「顔出し一切NG」という条件でなんとか実現したそうです。

それは2003年のこと。

そう、今回の話題になっている映像と同じ時期ですね。

おそらく、この頃までのバンクシーは今と違い、「顔さえ隠せばOKだよ」という感覚を自然に持っていいたのではないでしょうか。

スポンサードリンク

■まとめ

出典:https://imgur.com

以上、今回は、この度公開されたバンクシーのインタビュー映像について、思うことを描いてみました。

さて、今回の映像に映る男性は、本物のバンクシーなのでしょうか?

私個人的には、総合的な判断でバンクシー本人だと思っています

いずれにせよ、バンクシーが描くアートは、どれも強いインパクトを感じさせてくれる作品ばかりです。

今後のバンクシーの活動を楽しみにしましょう。

広告
336×280

スポンサーリンク

336×280

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする