槇原敬之が覚せい剤で逮捕!ドラッグ名「ラッシュ」奥村秀一氏が供述「マッキーのもの」【やめられない違法薬物】

2月13日、槇原敬之が覚せい剤取締法により逮捕です。

前回の逮捕から約10年が経過。

誰もが薬物からは足を洗ったと思っていました。

しかし、やめることはできなかったのです…。

スポンサーリンク

■槇原敬之、2020年2月13日、覚せい剤取締法違反で逮捕

出典:https://www3.nhk.or.jp

槇原敬之は、言わずと知れた日本を代表するシンガーソングライター。

1999年8月にも一度、覚醒剤使用で逮捕されました。

その後、9月3日にはMDMAの所持も発覚しています。

前回の逮捕から約1年後には復帰を果たし、その後、音楽活動も順調で、現在に至っていました。

2003年にはSMAPにも楽曲を提供。

「世界に一つだけの花」がそれです。

前回の逮捕から約10年後の今回の麻薬取締法違反による逮捕。

すでに薬物は断ち切ったと誰もが思っていたかと思います。

「違法薬物はやはりやめることはできない」と、あらためて証明してしまった形といえるかもしれません。

■Instagramで「バズリズム02」出演を自ら告知

槇原敬之のInstagramの最後の投稿は、2月12日。

日本テレビ『バズリズム02』の収録が終わった直後に、告知を含めた投稿を行っていました。

この投稿では「番組は2月28日放送予定」と、放送日も告知されています。

おそらく、オンエアーはまずされないでしょう。

番組関係者の方々は、今後の対応で大変なことになると思われます。

ご苦労さまです。

■インスタ投稿の頻度は比較的高め

槇原敬之のInstagramへの投稿は、比較的、頻繁になされています。

アカウントが閉鎖される可能性もあるので、早めにチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

■圧倒的に多かった街の声…「またか」

出典:https://jisin.jp

AbemaTVでは「街の声」として一般の人たちの声を取り上げていました。

みなさんが決まって発していた言葉は「またか」でした。

次のページでは槇原敬之の逮捕に至るまでの経緯と、危険ドラッグ『ラッシュ』についてまとめます。

【次のページ】「これはマッキーのもの」奥村秀一元社長の証言と危険ドラッグ『ラッシュ』とは?

336×280

スポンサーリンク

336×280

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする