「ドラクエ5」(SFC版)をWindows10パソコンでプレイする方法【ドラゴンクエスト ユア・ストーリー】【スーパーファミコン】

※ネタ暴れ無し

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』が絶賛公開中です。

ストーリー設定は、ゲーム『ドラクエ5』の世界。

40代前後のドラクエ世代の人たちは、SFC(スーパーファミコン)版をリアルタイムでプレイしていた世代。

独特でなつかしいあの「味」を今一度プレイしたいという人も多いでしょう。

今回は『ドラクエ5』をWindowsパソコンでプレイする方法をご紹介します。

スポンサードリンク

■『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』絶賛公開中

出典: https://dq-movie.com/  (画面キャプチャ)

はぐれメタル が あらわれた!

あの『ドラゴンクエストⅤ』が3DCGアニメーションで映画化!

ということで愛着や期待を感じる人も多いかと思います♪。

○映画の評価には賛否両論があるらしい

映画の感想に関しては、正直、賛否両論の意見があるようですね。

まあ、『ドラクエ』は歴史あるRPG(ロールプレイングゲーム)。

1作目の発売は昭和61年(1986年)です。

今回の映画の元となった『ドラクエ5』(正式名称『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』)は、平成4年(1992年)にSFC(スーパーファミコン)用のソフト(カセット式)として発売されたゲームです。

様々な世代のファンがいるのはもはや当然であって、映画に対して賛否両論の意見が出るのはある意味当然のことなのです。

いずれにせよ、そこに関しては、みなさんが実際に映画をご覧になった上で判断すればよいと思います。

映画の評価は観る人に与えられた「特権」ですからね。

「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」TVCM~30秒ver~

■『ドラクエ5』オリジナルのSFC版は独特の雰囲気がある

『ドラクエ5』にはSFC版、PS2版、DS版、iOS版が存在します。

オリジナルであるSFC版は、グラフィックやサウンドは、時代的な部分から正直もの足りない感が満載です。

ただ、現在40代前後の人たちなどは、リアルタイムでプレイしていたということもあり、元祖SFC版に根強いこだわりを持っている人も多いでしょう。

そして大人になった今、SFC本体でなく、是非とも手持ちのパソコンで『ドラクエ5』をプレイしたい!という人は多いはず。(たぶん…)

日頃使っているPCで『はぐれメタル』を「会心の一撃」で倒そうじゃありませんか!

(くれぐれも仕事中にプレイはしないこと!)

■Windowsパソコンで『ドラクエ5』をプレイする方法

Windows PC で『ドラクエ5』をプレイするための手順はざっくりいうと以下の通り。

  • 『ドラクエ5』のROMを準備
  • エミュレーター『SNES9X』インストール
  • エミュレーター『SNES9X』の設定

では、1つずつ見ていきましょう。

スポンサードリンク

■「ドラクエ5」のROMを準備

いきなりで申し訳ないのですが、実はここが一番手間のかかる部分です。

○ゲーム自体を入手

『ドラクエ5』だけに限ったことではありませんが、SFCのゲームをプレイするには当然、ゲームカセットが必要です。

ネットや中古ゲーム販売店などで簡単に購入できると思いますので調べてみてください。

○ゲームカセットからROMの吸い出し

ゲームカセットの中に入っているゲームのプログラム部分を「ROM(ロム)」と言います。

Windows PCでプレイする場合、このROMをカセットから、ソフト的に吸い取る作業が必要です。

なお、自身で購入したり、譲ってもらったりしたカセットソフトを、自身が楽しむために吸い取ることは違法ではありませんのでご安心ください。

いとも簡単にROMをダウンロードできるサイトも存在しますが、そちらは違法です。(後述)

方法としては、ROM吸い出し用の機械をPCにつないで作業をします。

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B00Y81M578/
GAMEBANK Super Famicom DUMPER

いくつか種類がありますが、amazonではこんな基盤むき出しの機械が1万円弱で販売されています。

○ROMのダウンロードは違法

ネット上には、SFCに限らず市販ゲームのROMを無料でダウンロードできるサイトが数多く存在します。

ほとんどが海外のサイトですが、これらのサイトからのダウンロードするのは違法です。

【次のページ】エミュレーターのインストールとズル技紹介

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする