今度は杖で車体を叩くじいさん出現!走行中に窓開けて。被害者Twitter動画【とくダネ!】【タクシー杖ポンポン叩きじいさん】

またもやあおり運転によるトラブルか!?

と思いきや、今度はちょっと新しいパターン。

なんと、タクシーの後部座席にいる乗客が、窓を開けて杖を出し、相手の車両をポンポンひっぱたくというトラブルが発生!

いったい何があったのか?

その、杖ポンポン事件直後のTwitter動画の紹介とその真相に迫ります。

スポンサードリンク

■新たなるパターン「タクシーから杖でポンポン叩くじいさん」出現!被害者がツイート

出典:Twitter『にき』@_KiRi2KI

「あおり運転」に関する事件の報道が後をたちません。

報道の世界では、言ってみれば、「旬」ともいえるような状態です。

過去には『東名あおり運転事故』のように、死亡事故にまで発展したケースもあり、社会として根絶しなければならないトラブル・事故として、あらためて自覚しなければいけないといえるでしょう。

あおり運転殴打男・宮崎文夫は命を狙われていた?マンションはトラブル続出

ああおり運転エアガン男、佐藤竜彦が尼崎東署へ出頭逮捕。動機、年齢、職業など【ストリートビュー】

しかし今回、いままでのあおり運転とはちょっと違うタイプのトラブルが発生しました。

なんと、タクシーの乗客が後部座席から、窓越しに相手の車を杖でポンポン叩くというトラブルです。

その被害に合った男性が、その「ポンポン行為」直後からの動画を撮影、その一部始終をTwitterで公開しました。

スポンサードリンク

■トラブルが発生したのは大阪、「南森町の通りから新大阪方面」の道路で発生

出典:Twitter『にき』@_KiRi2KI
(動画キャプチャ)

ツイートによると、事件が発生したのは大阪市内の道路上。

「南森町の通りから新大阪方面での出来事。」という一文から始まります。

この件に関しては他にもツイートがなされています。

それらによると、動画は、すでに何度か杖でポンポン叩かれた後で、この動画の撮影スタートの時点ではすでに何度も車体をポンポン叩かれた後だったことが明かされています。

なお、すでに警察には被害届を提出。

ただ、丁寧な対応ながら「見つからない可能性も無きにしもあらず」といわれたため、この度、Twitterで公開したというのが経緯だそうです。

被害男性は相当頭に来ているようで、この投稿を固定ツイートにしていますね。

南森町の通りから新大阪方面での出来事。
合流地点にて、幅寄せしてくるタクシーから杖持ったじいさんに車を何度か叩かれて、タクシーの運転手は止まらずに逃走。
停止時に、一度降りて、警察呼びますと言ってはいますが、それでもタクシーの運転手は止まらず。
運転手も乗客も何を考えているの?

スポンサードリンク

■どんな理由であれ「ポンポンじいさん」の行動は器物損壊行為

出典:Twitter『にき』@_KiRi2KI
(動画キャプチャ)

このトラブルで注目すべき点は2つあります。

1つ目は、いうまでもなく、ポンポン叩くじいさんの攻撃性のある行為

このようなトラブルの場合、普通はドライバー同士によるトラブルがほとんどです。

それが今回は、タクシーの後ろに乗っているお客さんとののトラブルとなっています。

なんか変ですよね。

みなさんの立場に置き換えてみてください。

例えばお客さんとしてタクシーに乗っているとき、そのタクシーが、パッシングされたり、クラクション鳴らされたりした場合、どんな行動を取りますか?

もちろん、イヤな気分にはなるでしょう。

しかし、おそらく「運転手さん、うまく対応してください」という感じになりませんか?

つまり、相手ドライバーへの対応は、基本的に運転手に任せるのが普通なのではないでしょうか?

それをこの「ポンポンじいさん」は、窓から杖を出して相手車両をポンポン叩くという行為に打って出たのです。

なんとも信じがたい行為です。

スポンサードリンク

■「とくダネ!」がタクシー会社に確認。タクシー会社の言い分に非難殺到!

出典:Twitter『にき』@_KiRi2KI
(動画キャプチャ)

もう1つの注目すべき点は、タクシー運転手の行動。

動画を観る限り、乗客によるポンポン叩く行為を制している雰囲気がまったく見えません。

それどころか、相手ドライバーが車を降り、「警察呼びましょうか」と言ったとたんに逃げるようにタクシーを走り出しています。

フジテレビ『とくダネ!』がタクシー会社に確認したところ、「撮影始める前に理由があった」「安全に停車させられる場所が無かった」などの返答が帰ってきたそうです。

どんな理由があったにせよ、さすがにこの言い訳は通らないのでは…?

事実、ネット上では相当な非難が殺到しています。

スポンサードリンク

○車内で運転手と乗客とはどのような会話があったのか?

車内では、乗客である『ポンポンじいさん』と車内でどのような会話があったのでしょう?

普通、運転手は「危ないからやめて下さい」などという注意は必ず行うはず。

乗客の『ポンポンじいさん』は運転手の忠告を無視したのでしょうか?

それとも、運転手は『ポンポン行為』には何も忠告せず、ただ見過ごしていただけなのでしょうか?

はたまた、運転手自体が相手車両にムカッと来て、乗客と「同盟」を組んで相手車両を「攻撃」したのでしょうか?

スポンサードリンク

■動画より前の前段を詳しく知りたい

いずれにしても今回のトラブル、何が原因だったのか、今の時点では報道されていません。

よって、この動画の前段をさらに詳しく明らかにすることが大切です。

前述の通り被害男性は、「動画の撮影を開始する前からポンポンされた」とTwitterで明かしています。

タクシーの運転手、『ポンポンじいさん』からの証言もぜひとも欲しいところです。

○「車を杖でポンポン叩く行為」は「三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金」

タクシーの後部座席から杖を出して相手車両をポンポン叩いてはいけません。

前述の通り、この行為は立派な器物損壊罪です。

刑法では「三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金」となります。

○Twitterコメントには報道各社からの取材依頼が殺到

繰り返しますが、今回の『タクシーから杖でポンポン叩くじいさん』はなぜこのような行動に出たのでしょう?

すでに、フジテレビ『とくダネ!』では紹介されましたが、他の報道各社からもTwitterの投稿コメントを通して取材依頼が殺到しています。

今後、さらにトラブルの経緯がさらに明らかになっていくと思われます。

そちらにも注目しましょう。

スポンサードリンク

■まとめ

人間だれでも過ちはあります。

ただ、ちょっとした過ちによる行動が、その後の人生を棒に振ってしまうケースも多いです。

常に冷製さをたもつことは大切なこと。

十分に注意をするようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする