Age Of Z攻略★メガ装置開発センターで都市強化装置を開発せよ!【拡張機器】【周辺機器部品】【材料】【図面】

■「拡張機器」は全部で6種類、4ランク、そして個々にレベルあり

続いては『都市強化装置』に接続する『拡張機器』について解説します。

『メガ装置開発センター』を最も複雑にしているのがこの『拡張機器』といえるでしょう。

前述の通り、言葉の表現に統一性がなく、至るところで「ランク」「レベル」「拡張」「周辺」という言葉が乱立しています。

スポンサーリンク

○「拡張機器」の種類は全部で6種類

拡張機器の種類は全部で6種類存在します。

その種類と能力は以下の通りです。

  • 武器増幅(本体が赤)→攻撃力アップ
  • 動力増幅(本体が緑)→HPアップ
  • 防御増幅(本体が青)→防御力アップ
  • 全面増幅(本体が黄色)→攻撃力、HP、防蟻力をアップ
  • 精確打撃(本体が橙)→相手へのダメージをアップ
  • 弱点強固化(本体が紫)→自分へのダメージをダウン

なお『都市強化装置』レベル1では、接続できる『拡張機器』は「武器(赤)」、「動力(緑)」、「防御(青)」の3種類のみです。

■「都市強化装置」により接続できる「拡張機器」が異なる

それぞれの『都市強化装置』に接続できる『拡張機器』は同じ特性のものしか接続できません。

例えば、攻撃力がアップする「エネルギー炉」には、赤い「武器増幅周辺機器」は接続できますが、青い「防御増幅周辺機器」は接続できません。

○「拡張機器」は種類ごとに4つのランクに分かれる

『拡張機器』のランクは4種類。

前述の『都市強化装置』や『材料』と同じく色分けされています。

『材料』のように「緑を5個集めて青1個に合成…」などの機能はありません。

  • ランク1→強エネルギー(背景が緑)
  • ランク2→高エネルギー(背景が青)
  • ランク3→スーパーエネルギー(背景が紫)
  • ランク4→頂上エネルギー(背景が橙)

○「拡張機器」それぞれに「拡張機器のレベル」がある

そして、さらにややこしいのが、この『拡張機器』にもそれぞれレベルがある部分。

メニューの『管理』から『都市強化装置』の『改造』をタップし、接続中の『拡張機器』をアップグレード可能です。

同じく、アップグレードには『周辺機器材料』が必要となります。

○接続できる「拡張機器」の数は「都市強化装置」のレベルにより決まる

『都市強化装置』には複数の『拡張機器』を接続できます。

接続可能な数は『都市強化装置』のレベルにより決まり、その数は以下の通りです。

  • 『都市強化装置』レベル1→0個。装着できない
  • 『都市強化装置』レベル2→1個の拡張機器が接続可能
  • 『都市強化装置』レベル3→2個の拡張機器が接続可能
  • 『都市強化装置』レベル4以上→3個の拡張機器が接続可能

○「図面」は欠片を100枚収集する必要あり!「A」と「S」2種類が存在

『拡張機器』の組み立てには『図面』が必要です。

『図面』は『図面の欠片』を集めて作成します。

必要な『図面の欠片』の枚数はなんと100枚です!

地道に収集しましょう。

図面は「A」と「S」の2種類の分類が存在します。

「B」や「C」は存在しません、念の為…。

違いは、「S」は『全面増幅周辺機器』用で、「A」はそれ意外の『拡張機器』用です。

○「拡張機器」も不要なものは分解が可能

なお『拡張機器』も不要なものは『分解』が可能です。

ただし、戻ってくる『周辺機器部品』は若干少なくなりますので、不必要に『分解』しないように注意しましょう。

スポンサーリンク

■まとめ~「Age Of Z」の「メガ装置開発センター」

以上、今回は『Age Of Z』の『メガ装置開発センター』について解説しました。

まとめると以下の通りとなります。

  • 『都市強化装置』を開発するには『材料』と『高エネルギー鉱石』が必要
  • 『都市強化装置』には、その能力をアップさせる『拡張機器』が接続可能
  • 『拡張機器』の作成(組み立て)は『図面』と『周辺機器部品』が必要
  • 『図面』を入手するには『図面の欠片』を100枚集める必要がある
  • 『都市強化装置』は8種類の装置があり、それぞれに色分けされたランクの他、それとは別にレベルがある
  • 『拡張機器』は本体が色分けされた6種類の機器があり、それぞれに色分けされたランクと、それとは別にレベルがある

う~ん…、ややこしすぎ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク