木下優樹菜の新たなる手紙「誹謗中傷しない」「第三者入れない」【スッキリ】

木下優樹菜がタピオカ店オーナーに対して、新たな手紙を出していたことがわかったと、日本テレビ『スッキリ』が報じました。

内容は、「今後、お互い誹謗中傷しない」「今後、お互い第三者を入れないで話し合いたい」とする旨の内容が記述されていたそうです。

スポンサーリンク

■木下優樹菜が芸能活動を無期限の自粛

出典:https://talent.thetv.jp/

姉が務めていたタピオカ店のオーナーをDMで恫喝したとしてネットで大炎上中の木下優樹菜。

木下優樹菜のタピオカ店恫喝騒動。ブチギレDMと謝罪文の違いすぎる文章力

ここに来て、芸能活動を無期限で自粛すると発表しました。

恫喝DMが世の中にさらされ、炎上とともに騒ぎが大きくなってから、早1ヶ月半。

燃え続けた炎は収まることを知らず、ユッキーナの姿を消し去る形で「終炎」を迎えました

■木下優樹菜からオーナー充てた新たなる手紙

そんな中、日本テレビ『スッキリ』では、木下優樹菜からDMのオーナーに充てた新たなる手紙を紹介。

その内容は、反省文とともに、「今後、お互いに誹謗中傷しない」「今後、第三者を介さずに話し合いを進めたい」という旨の内容が記されていたそうです。

それに対し、タピオカ店オーナーは「弁護士にまかせているので何も返答できない」「今後は裁判で話し合いを進めていくつもり」という趣旨のコメントを『スッキリ』に対してしたとのこと。

もはや泥沼化の気配です。

■なぜここまでの騒ぎになってしまったのか?

出典:https://asagei.biz/

今回の騒動発端は、木下優樹菜が実姉を思う気持ちから起こりました。

そこだけを強調すれば、涙ぐましい姉妹愛といえるかもしれません。

しかし、ユッキーナのやり方がとことんまずかった…。

スポンサーリンク

○ユッキーナの一方的な「文句」はたやすく拡散できるDMで送ってしまった

まずは最初にオーナーに向けた「刃」がDMだったこと。

相手方の話を無視して一方的に文句を送りつけてしまいました。

しかもSNSのDMなので、簡単に画面キャプチャをして世の中への拡散がたやすく可能です。

実際、そうなりました。

しかもあの文章力…。

○クレームを入れるのであれば冷静な対応は不可欠

いまさら言ってもしょうがありませんが、まずは、姉の話をもっと詳しく聞いて、電話か対面で相手の話を聞きつつ、話し合えば良かったのかもしれません。

その後、木下優樹菜は、「消火活動」に励むことになります…。

しかし…。

【次のページ】木下優樹菜はなぜ援助を「消火」できなかったのか?

336×280

スポンサーリンク

336×280

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする