Age Of Z攻略★都市の飛ばし方~耐久性を0にして一斉清掃する方法は燃焼時間がカギ

『Age Of Z』である程度プレイしていくと、自分の領地内に散乱している放置都市が目に付きます。

正直、こいつら邪魔なんだけど…。

何か良い方法ない?

はい、あります!

目障りな都市を飛ばしてきれいにお掃除する方法をご紹介!

スポンサーリンク

■「Age Of Z」で目障りな放置都市→飛ばして気分爽快!

『Age Of Z』のプレイ開始後、順調に進めば『同盟』のメンバーもそれなりに増えてくることでしょう。

それにともない、各同盟メンバーが領地内に集合し始めるため、フィールドマップ上では見た目もなかなか壮大になってきます。

同時に悪目立ちし始めるのが、放置されたままのまるでゴミのような都市たち…。

これらは、興味本位でゲームを始めちゃった人が「やっぱりやーめた!」って感じでゲーム自体を放棄、そのまま放置されてしまった哀れな都市たちなんですね。

プレイヤーに放棄され、散乱した『都市』たち…。

ジャマ以外の何者でもないわけです。

そんなときは、『都市』をどこかに飛ばしてしまえば、お悩み解決です♪

■「Age Of Z」で邪魔な放置都市を飛ばす方法は『耐久性』を0にする

『Age Of Z』の都市には『耐久性』というものが存在します。

(ゲーム内では場所により『都市防衛値』『都市防御力』などとも表現されていますが、本記事では『耐久性』で統一します。)

○「都市レベル」が高ければ「耐久性」も高くなる?

この『耐久性』の数値を決めるのは、『防御壁』のレベルです。

そして『防御壁』のレベルは『メインホール』(都市レベル)のレベルに比例します。

つまり都市レベルが高ければ高いほど『耐久性』も高くなるという図式になるわけです。

○都市が燃え続けることで「耐久性」も下がる!0でどこかへ飛んでしまう

『都市』は攻撃されて「防御失敗」となると燃え始めます。

燃えている限り『耐久性』は減り続け、『耐久性』が0になると、その『都市』はどこへともなく飛んで行きます。(同時に火も消えます。)

■「Age Of Z」で「都市」の「耐久性」を確認する方法

『耐久性』を確認する方法は以下の通りです。

○自分の「都市」の「耐久性」を確認する方法

『防御壁』→『防御』で、『燃焼時間』と『耐久性』を確認可能です。

ここでは『耐久性』という言葉は使われずに『都市防衛』と表記されます。(たのむから統一してくれ!笑)

○相手の「都市」の「耐久性」を確認する方法

戦闘後にメールで送られてくる『戦況報告』にて、『燃焼時間』と『耐久性』が確認できます。

なお、レベル16以上であれば、『耐久性』に関しては『偵察』で確認が可能ですが、『燃焼時間』は確認できません。

スポンサーリンク

■「Age Of Z」で「都市」が燃える時間は一度の攻撃で1時間

『都市』が燃える理由は、攻撃されて防御側が『敗北』(攻撃側が『勝利』)となった場合です。

防御成功となり防御側が『勝利』した場合は燃えません。

そして、1回の攻撃で燃え続ける時間は1時間です。

さらなる攻撃で防御側が『敗北』する毎に、1時間の燃焼時間が追加されていきます。

つまり、兵が0の『都市』であれば、5回連続の攻撃で単純計算、5時間燃え続けることになるわけです。

■「Age Of Z」の都市が燃え続けることで1時間に120の「耐久性」が減少

『都市』が燃えている場合、1時間に120の『耐久性』が減少します。

これは、分単位で減っていくので、つまり、1分間に2の『耐久性』が減少するわけです。

この減少を強制的にストップさせる方法ただ1つ。

ゴールド60を使って『消火』させます。

○「消火」をすると耐久性は1時間に20が回復

一度『消火』をすれば、『耐久性』は回復(上昇)します。

回復する『耐久性』は1時間にたったの20です。

やはり分単位で回復していくので、3分間で1の耐久性が回復することになります。

100ゴールドを使えば、いっきに1000の『耐久性』が回復可能です。

■「Age Of Z」で都市を飛ばすには(耐久性÷120)の時間を燃やせば良い

ここまで理解すれば『都市』を飛ばすための燃焼時間を計算できます。

計算式は以下の通り。

(現在の『耐久性』÷120)→燃焼時間

○実際に必要な燃焼時間を計算してみよう!

例えば、現時点での『耐久性』が1234という『都市』があったとしましょう。

この都市を飛ばす場合、飛ばすまでに必要な燃焼時間は以下の計算となります。

1234÷120=10.28時間=10時間16分48秒

○燃焼時間が増えない??その「都市」はいずれ飛ぶという意味

連続攻撃により必要な燃焼時間に達すると、その後いくら攻撃しても燃焼時間はそれ以上増えません。

例えば、上記の例でいうと、燃焼時間が10時間17分に達すると、その後、何度攻撃を加えたとしても燃焼時間は増えません。

これは都市を飛ばす攻撃のひとつの目安にもなります。

攻撃しても燃焼時間がそれ以上増えなくなったら、その都市は『消火』さえされなければいずれ飛ぶ、という意味になるわけです。

スポンサーリンク

【次のページ】「都市」を燃やすのに必要なユニット数と具体的な飛ばし方例

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク