【その発想無かった】変顔でオービス通過で逮捕!19歳少年の正体【首都高ルーレット族】【変顔走行】

首都高速道路を128kmで突っ走り、オービスを「変顔」で通り抜けたという19歳の少年が逮捕されました。

オービスはナンバーだけではなく、変顔も見守る機能があった?

いや、そうじゃなくて。

捜査撹乱を狙ったらしいです。

スポンサーリンク

■変顔で首都高のオービスを通過したとして19歳の少年を逮捕!

YouTube「ANN NewsCH」より

今年の6月、首都高速環状線外回りで、変顔でオービスを通り抜けたとして、19歳の少年が逮捕されました。

少年は無職の19歳。

当然ですが、名前や居住地は公表されていません。

なぜわざわざ変顔なんかしたのかというと、その目的は捜査撹乱だったそうです。

ちなみに、口を尖らせた変顔だったとか。

運転中だと手は使えませんからね。

○走った速度は78キロオーバーの128キロ

首都高速都心環状線は、交通量の非常に多い道路です。

そのため、法定速度も時速50kmと一般道並となっています。

そんなところを128kmで走った疑いとのことですから、とんでもなく危険な行為ということがわかります。

○少年は容疑を否認

なお、少年は容疑を否認しているとのこと。

「写真に写っているのは俺かどうか分からない」というのがその理由だそうです。

こまったものです。

「変顔」でオービス通過・・・少年が捜査かく乱狙ったか(19/12/10)

スポンサーリンク

■検挙まで約半年。変顔したのになぜ捕まった?

気になるのが、少年が「変顔走行」をしたのは今年の6月の出来事。

そして今回の「変顔報道」は12月です。

検挙された具体的な日程までは公表されていませんが、おそらく12月のこのタイミングの検挙となったのだと考えられます。

○車はナンバー部分が折り曲げられていた

報道の映像によると、車のナンバーば折り曲げられており、オービスには写らないように細工がなされていました。

つまり、6月の「変顔撮影」の後、およそ6ヶ月間「変顔ドライバー」を特定できなかったと考えられます。

つまり、ある意味、「変顔作戦」は成功したんですね。

■少年の正体は「ルーレット族」。暴走族との違いは?

そもそもなぜ少年は「変顔」までして走らなければならなかったのでしょう?

それは、少年はいわゆる「ルーレット族」だったからです。

○「ルーレット族」とは首都高を猛スピードでグルグルと走り回る連中

「ルーレット族」とはバブルの頃に出現し、日本全国の高速道路に出没し始めました。

高速道路、特に都心部の首都高を猛スピードで走り回る連中です。

主に、仲間内でのレースを目的として猛スピードで突っ走る輩たいこと通称でそう呼んでいます。

広義の意味では暴走族の部類に入りますが、暴走族との違いを強いてあげると、ルーレット族は「猛スピードで走ること」を最大の目的に考えています。

いわゆる、危険極まりない悪質な「走り屋」といえばわかりやすいでしょうか?

いずれにせよ、普通に走行している一般のドライバーからすると、迷惑この上ない、危険極まりのない連中といえます。

スポンサーリンク

■まとめ

以上、「変顔走行」で検挙された「ルーレット族」の19歳の少年のニュースについてご紹介しました。

道路は、危険な迷惑行為の目的で作られたものではありません。

すべての健全なドライバーに平等に与えられた走行帯です。

良い子はとっとと運転免許を返上し、マリオカードなどで楽しんでね♪。

336×280

スポンサーリンク

336×280

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする