下半身ペンライト男、田中大樹が露出の場所を特定。周辺で多発の変質者は同一人物か?【東大和市公然わいせつ事件】

思わず動きが止まってしまうほどのニュースが飛び込んで来ました。

下半身を露出し、ペンライトでイチモツを照らし、女子大学生に見せたという事件。

調べてみると、事件発生の東大和市では以前より似たような目撃情報が多発していました。

おそらく、田中大樹容疑者は他にもいろいろなところでイチモツを露出していた可能性があります。

スポンサードリンク

■下半身ペンライト男、田中大樹を逮捕

専門学校生・田中大樹の容疑は、先月7月21日(日)に東大和市南街2丁目の路上で下半身を露出し、ご丁寧にペンライトでイチモツを照らして女性大学生に見せた疑い。

逮捕に至った経緯など、詳しいことは公表されていませんが、逮捕までほぼ1ヶ月程経過しました。

警察もかなりの聞き込みや張り込んだのではないかと想像できます。

○周辺では以前より変質者情報が多発していた!

出典:https://www.gaccom.jp (「学校教育情報サイトGaccom」よりキャプチャ)

報道によると、今年に入ってから、周辺で20件以上の同じような情報が寄せられていたとのこと。

「ガッコム安全ナビ」という不審者の情報を提供してくれるサイトで調べたところ、今回の事件の発生場所とまったく同じ、またはごく近い場所で似た事件が多数発生していたようです。

○以前は素っ裸で立つ変質者も目撃されていた

出典:https://www.gaccom.jp (「学校教育情報サイトGaccom」よりキャプチャ)

6月1日(日)の午後5時45分ころには、まったく同じ場所で、ニット帽にマスクをつけただけの素っ裸の男を、子供が目撃しています。

その数日前である5月27日(月)の午前8時00分ころには、ほぼ同じ場所にて、紺色シャツに黒ニット帽を着用した下半身丸出しの男が目撃されました。

こちらも目撃者は子供です。

おそらく通学の途中だったのでしょう。

現時点ではいずれも犯人は見つかってはいませんが、状況的におそらく、田中大樹と同一人物だと思われます。

下半身出しペンライト照らす…専門学生逮捕

■事件発生の場所は一戸建てが密集する住宅街

今回、事件が発生した場所を地図で示すと以下のとおりです。

地図やストリートビューを見ても分かる通りの住宅が密集している地域。

目の前には公園もあります。

前述の通り、以前からこの場所での全裸、半裸の目撃情報が多い部分から、おそらく田中大樹の自宅はこの周辺であると考えてよさそうです。

スポンサードリンク

■田中大樹容疑者と鉢合わせした女子大学生、相当怖かったろうに…

出典:https://www.gaccom.jp (「学校教育情報サイトGaccom」より キャプチャ)

女子大学生が被害に合われたのは、7月21日(日)の午後9時50分頃。

薄暗く細い道路で田中大樹容疑者は背後から女子大学生に近づき、露出したイチモツをペンライトで見せたのです。

想像しただけで背筋が凍りつきます。

女性じゃなくたってこりゃ怖いよ…。

■まとめ

世の中には変な人が多く存在します。

笑えるような内容の事件でも、被害を受けた人たちからすると迷惑この上ない行為をされたのです。

それが、若い女性や小学生ともなると、受けた恐怖は相当なものだったと思います。

くれぐれも変な人を見つけた時は、すぐにその場から110番通報をするように心がけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする